メニュー

水いぼについて

[2022.06.22]

?水いぼについて

 

?水いぼとは?

水いぼ」は、子どもによく見られるウイルス性に皮膚感染症です。

水いぼイラスト/無料イラストなら「イラストAC」

主な症状はお腹や背中に数mm大のツヤツヤした柔らかいイボができ、中に白くてドロっとした液体が含まれます。皮膚同士の接触やタオルなどを介して皮膚のごく小さな傷や毛包から感染します。アトピー性皮膚炎など皮膚のバリア機能が低下している方に多くみられます。皮膚に小さな丸いいぼができる以外に特に症状はなく、かゆみや痛みもありません。 基本的に自然治癒することが多いものですが、まれに全身に広がって悪化したり、ほかの子どもにうつしてしまう場合もあります。

 

?水いぼの治療方法は?

水いぼは、基本的には1年以内にほぼ自然治癒します。しかし水いぼがあるためにプールを制限されてしまうことがあり、摘除を希望されるご家族様も多くいらっしゃいます。

当院では水いぼの治療は専用のピンセットを使って中のウィルスを取り除く治療法となります。処置前に痛みを緩和させるテープを使用しますのでお痛みはさほどありません。テープの効果がでるまでに少し時間がかかることや、お待ち時間を少なくすることでお子さまの恐怖心も少なく済むため、当院では処置の予約制を導入しております。

※水いぼはプールの水などを介した感染はないとされています。共用のタオルやビート板などには注意が必要ですが、「過度に神経質にならなくてよい」が今の考え方です。1999年に学校保健法施行規則が一部改正され、「水いぼ」は単に「通常登園停止の措置は必要ないと考えられる伝染病」に分類されました。「原則としてプールを禁止する必要はない」とされています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME